Make your own free website on Tripod.com
王子の初恋

「何も入っていない。」
その時、マリンは背後で何か物音がしたのを聞いたような気がした。ふと振り返り、それでも心配になってコリンズがいる場所へと戻ってみる。
「コリンズ?」
「マリン、どうしたの?」
アクアが空の小箱を元の場所に戻し、マリンの背中に呼びかける。
「アクア、コリンズがいなくなっちゃった。」
彼が最初の部屋を見ると確かにコリンズの姿がない。
「遅いから怒っちゃったのかしら・・・・どうしよう。」
「父さんたちの所に居るのかもしれない。戻ってみよう。」
双子は急いで父親たちがいる部屋を目指した。
つづく

/ (C) Fantasy Library 1997-2000 log