Make your own free website on Tripod.com
竜騎士の道

彼女は国王の妹という立場からマケドニアがドルーアに対して不利益な行動に出た場合のための人質、という存在としての利用価値を見出されてしまっていたのだ。
しかし、マケドニア領内が戦場となった今、滅ぼされた王国アリティアの最後の王子マルスの手によって囚われの王女マリアが解放され、それを知ったミネルバもマルスと共に戦う一人の戦士として進撃している。マケドニアの王女がアリティアに寝返ったという情報は住民だけでなく、軍隊にも動揺をもたらした。実際、ミネルバが率いていた白騎士団の一部が彼女と共にアリティアの旗印の下にいる。

王城を目前にしたミシェイルの前に飛竜を駆る一人の騎士が舞い降りた。その騎士がマケドニアの紋章の入った兜に手を掛ける。燃えるような赤い髪。ミシェイルは自分と同じ色の髪を持つ竜騎士をよく知っていた。
「お久しぶりです、兄上。」
竜に跨り戦場に舞い降りた戦いの女神ミネルバ。彼女の顔に再会を懐かしむ表情は微塵もない。それはミシェイルも同様だった。
「俺はマケドニアの民を侵略者の手から守る。」
同じ職人の手によって生み出された二本の長槍がお互いの持ち主を狙い澄ます。それが長く哀しい戦いの始まりでもあった。
おわり
 INDEXにもどる

/ (C) Fantasy Library 1997-2000 log